キャンドルを育てる。Tukiko factoryのボタニカルキャンドル

ボタニカルキャンドルコラム
この記事は約2分で読めます。

キャンドルというものに、どんなイメージをお持ちですか?

バースデーケーキの上にのせるもの。
大切なあの人を弔うための灯火。
ライフラインが絶たれてしまった夜、頼りになる存在。

どんなに精巧につくられたキャンドルも、いちど火を灯せばその姿を変えてしまう。
その儚さに、火を灯すことをためらう方も多いかと思います。

そんなあなたに、伝えたいことがあります。
Tukiko factoryのボタニカルキャンドルは、あなたの手で育てることができるのです。

キャンドルを育てる

わたしたちキャンドル作家の間では、キャンドルを灯すことをキャンドルを育てると表現します。

キャンドルの芯に灯した炎がゆっくりと蝋を溶かし、カタチを変えていく。
そんな様子から世間一般では、キャンドルは消耗品というイメージがあるかと思います。

でも、つくり方次第でキャンドルの運命が変わることをご存知ですか?

育てるキャンドルのヒミツ

ボタニカルキャンドル

上の画像は、ボタニカルキャンドルです。
四季折々の花をいつまでも愛でられるよう、いちばん美しい瞬間をとじ込めました。

育てるキャンドルには、つくり方にヒミツがあります。

花をとじ込めた外側の蝋は溶けにくく、芯のまわりだけが溶けるように制作しています。
お客様のブログに、火を灯した状態のキャンドルの画像がありますのでご覧ください。
※外部サイトに移動します

芯のまわりが溶け、できてしまった空洞に、新しい蝋を足してあげる。
そうすれば、再びキャンドルを灯すことができます。

あなたの手でキャンドルを育ててみませんか

キャンドルをつくったときの条件や、火を灯したときのコンディションなどで、蝋の溶け方は変わります。
見た目も、溶け方も、全く同じものは存在しません。

そして、お手に取ってくださったあなた次第で、キャンドルの育ち方は変わってきます。

キャンドルは育つほどに、美しくなります。
リカバリ時に香りをプラスしたり、色を変えたりのアレンジも可能です。

ぜひ、あなたの手でキャンドルを育ててみませんか?

Tukiko factoryの作品をご購入の際は、下のリンクからどうぞ↓

タイトルとURLをコピーしました