雑貨&キャンドル工房2023年1月21日グランドオープン

キャンドルを育てる。つきあかりキャンドルのボタニカルキャンドル

ボタニカルキャンドル

キャンドルというものに、どんなイメージをお持ちですか?

バースデーケーキの上にのせるもの。
大切なあの人を弔うための灯火。
ライフラインが絶たれてしまった夜、頼りになる存在。

どんなに精巧につくられたキャンドルも、いちど火を灯せばその姿を変えてしまう。
その儚さに、火を灯すことをためらう方も多いかと思います。

そんなあなたに、伝えたいことがあります。
つきあかりキャンドルのボタニカルキャンドルは、あなたの手で育てることができるのです。

目次

キャンドルを育てる

わたしたちキャンドル作家の間では、キャンドルを灯すことをキャンドルを育てると表現します。

キャンドルの芯に灯した炎がゆっくりと蝋を溶かし、カタチを変えていく。
そんな様子から世間一般では、キャンドルは消耗品というイメージがあるかと思います。

でも、つくり方次第でキャンドルの運命が変わることをご存知ですか?

育てるキャンドルのヒミツ

つきあかりキャンドルのハンドメイドボタニカルキャンドル

上の画像は、ボタニカルキャンドルです。
四季折々の花をいつまでも愛でられるよう、いちばん美しい瞬間をとじ込めました。

育てるキャンドルには、つくり方にヒミツがあります。

花をとじ込めた外側の蝋は溶けにくく、芯のまわりだけが溶けるように制作しています。
お客様のブログに、火を灯した状態のキャンドルの画像がありますのでご覧ください。
※外部サイトに移動します

アミーゴスとリリオさん|ぬいぐる...
アトリエTukiko Factory キャンドルと地方に明かりを灯す!? ハンドメイドって作るのも作品を見るのも楽しいよね。ピエちゃんとリリオさんの2人で、今金町花石地区のアトリエ兼ショップ【TUKIKO FACTORY】さんにおじゃましました~!

芯のまわりが溶け、できてしまった空洞に、新しい蝋を足してあげる。
そうすれば、再びキャンドルを灯すことができます。

あなたの手でキャンドルを育ててみませんか

キャンドルをつくったときの条件や、火を灯したときのコンディションなどで、蝋の溶け方は変わります。
見た目も、溶け方も、全く同じものは存在しません。

そして、お手に取ってくださったあなた次第で、キャンドルの育ち方は変わってきます。

キャンドルは育つほどに、美しくなります。
リカバリ時に香りをプラスしたり、色を変えたりのアレンジも可能です。

ぜひ、あなたの手でキャンドルを育ててみませんか?

つきあかりキャンドルの作品をご購入の際は、ここで買えます。つきあかりキャンドルの作品購入可能ショップ一覧のページからどうぞ↓

あわせて読みたい
つきあかりキャンドルの作品が買えるネットショップ・実店舗情報 つきあかりキャンドルの作品を購入できるネットショップ・実店舗の情報を掲載しております。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次